「ミラクル7号」ナナちゃんの絵本

既に日本でもナナちゃんはぬいぐるみやキーホルダーなどのグッズとなって販売されていますが、ナナちゃんが子どもにも読める絵本になったら、さらに多くの人にナナちゃんの愛らしさが伝わるのではないでしょうか。また、最近では癒しを求める大人にも絵本は読まれています。絵本は赤ちゃんから大人まで楽しめる読み物です。慌しい毎日を送っている大人にとって、絵本はゆっくりとしたひと時をつくり、リフレッシュするための一つの方法です。 かわいらしいキャラクターの絵本なら、ストーリーがわからない赤ちゃんでも何度もめくって遊ぶでしょう。このようなナナちゃんの絵本が登場したら、ナナちゃんは子どもの心の成長において重要な役割を果たすことでしょう。そんな愛らしいナナちゃんを、映画の中だけにとどめておくのはもったいないことです。 映画「ミラクル7号」の趣旨をくんで、父親の愛情を教える内容でもよいでしょう。また、物を大事に扱うこと、お金より心が大切だということを教えるストーリーだと尚よいでしょう。子犬のように健気で愛らしいナナちゃんは、絵本のキャラクターとしては最適といえます。 ナナちゃんがもし絵本になったなら、ストーリーは映画よりもっと子ども向けの優しいものにしたほうがいいかもしれません。自分で絵本が読めるようになる小学生には、いろいろな絵本を読むことで世界を広げることができます。「ミラクル7号」のナナちゃんは、その愛らしさから幅広い年代から人気を集めているキャラクターです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。