「ミラクル7号」ナナちゃんのうんちグッズ

「ミラクル7号の落し物」はあくまでも映画の前売り特典であり非売品です。「ミラクル7号の落し物」は一種のおもちゃで、壁や窓などのつるつるした面に投げるとぺっとり張り付くというものです。しかし映画を見たらこのグッズが欲しくなるかもしれません。

愛らしいナナちゃんだからこそ、「うんち」のグッズ化さえ許されてしまうのでしょう。ナナちゃんの「うんち」と言えば、映画の中でナナちゃんが主人公のディッキーに、ぶりぶりっとうんちをしたシーンが思い出されます。また「うんち」だからといって、面白がってトイレに流すとトイレが詰まってしまうので気をつけましょう。

ビニール素材で作られたリアルな出来栄えで、見た人は誰もが一瞬目を丸くするに違いありません。愛らしい反面、全く主人公の役にたたないナナちゃんを象徴するアイテムが「うんち」なのです。ぬいぐるみや携帯ストラップに続くナナちゃんグッズの一つとしてこの「うんち」が発売されたら、いたずら好きな人には楽しいおもちゃになるでしょう。

なぜこの前売り特典が話題になったかというと、「ミラクル7号の落し物」とは「ミラクル7号」ことナナちゃんの「うんち」のことだったからです。この「うんち」は思わぬところに置いて親しい人を驚かすなど、小さないたずらには最適ですが、人や車、壊れやすいものに向けて投げたり、小さな子どもが一人で扱わないように気をつける必要があります。映画「ミラクル7号」では、前売り券購入の特典として「ミラクル7号の落し物」がついてくるということが話題になりました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。